よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ダイヤのA act2 68話ネタバレ確定【進め沢村!本物のエースへの道へ!】最新感想予想

   

バッター、

ダイヤのA act2 68話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ダイヤのA act2 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ダイヤのA act268話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

 

前回、

いよいよ始まる白龍高校との試合。

春の選抜でも活躍した機動力に特化した白龍高校に対し、

監督からの指名により沢村が試される試合が開始!

チームの為に、自分の為に、

そして

尊敬する御幸に認められたいという思いと共に

気合の入る沢村でしたが・・・!?


沢村、いいですね♪

色々なプレッシャーが本来であれば

あるはずなのですが(笑)

そんなものはなんのその!

打たれても、逆に集中モードになるっていう(笑)

他の青道メンバーも・・・

皆目つきが変わっている青道の選手

倉持
(たまんねえな)

春市
(この緊張感)

御幸
(ランナー2・3塁・・・
ピンチっちゃあピンチだが、
むしろバッターとの勝負に
集中できていいよな・・・)

そして沢村本人も・・・

表情が
市大三高戦の時にも見せた
強烈に集中したものになっている沢村

どちらかというと試合を、勝負を楽しんでいる様子♪

そして御幸にここまで思わせている沢村♪

御幸
(これだよ・・・
この状態の沢村が
全国の強豪にどこまで
通用するか見てみたかった)

おーい、沢村〜〜!

お前の想いは報われてるぞーーー!!!

と言ってあげたい・・・(笑)

そして火が着きはじめた沢村のストライク!

市大三高打線を完全に抑え込んでますよ〜!

次回、続く白龍との練習試合!!

沢村の本気はどう化けていくのか!?

目指せ沢村!本物のエースへの道へ!!

そんなダイヤのA act2 68話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ダイヤのA act2 ネタバレ 68話 最新 確定あらすじ『何者』

『初回1アウト2・3塁。
強豪相手に向かえるピンチ。』

沢村は白龍の4番に対し、
初球をインコース高めの
ストレートでストライクを取る

次もストレートをインコースに入れる沢村

審判
「ボール!」

次、ストレートを
アウトローいっぱいに
投げる沢村

審判
「ファール!」

観客達
「2球インコースに
続けてからのアウトローいっぱい」

観客達
「ストレートで
押しまくってるな
あのバッテリー」

白龍監督
(外野フライでも
1点の場面で4番に
インハイから入る大胆さ
不敵なり御幸一也)

御幸
(インハイには
打つ気配を見せず
外の低めには食いついてきた

やはり低めの球を
ゴロ狙いか・・・)

白龍バッター
(手元で伸びてくるが
このピッチャーには
チェンジアップがある

泳がされるくらいなら・・・
詰まった方がいい)

御幸
(美馬の後ろを
務めるバッターだ
ここからがしぶといぞ

ストレートで
押し切れるほど甘くない

かと言って緩い球に
合わさせられるのも勿体ない)

サインを出す御幸

指5本・・そして2本

沢村
(!)
微笑する2人

御幸
(初回からサインを
出すのは初めてだな

相手チームの頭にないボール
コースは多少甘くてもいい

しっかり腕を振れ
ボールのキレで圧倒するぞ)

投げる沢村

バッター
(ど真んーーー)

球はベースの上で、
強烈に曲がる!

空振り!!


白龍バッター
(え?)

審判
「ストラーイク!
バッターアウト!」

驚いている白龍の監督、記者、峰

青道の野手
「ツーアウト!!ツーアウト!!」
「ナイスボール沢村ぁ!!」

青道ベンチ
「さぁーあと一つ!!」
「止めるぞ沢村ぁ!」

由井
(カットボール改・・・)

白龍の5番打者が
4番に聞く

白龍5番打者
「真っ直ぐ?ツーシーム?」

白龍4番打者
「いや・・・
わかんねえ・・・
ストレートだと思ってたら・・・
途中で消えた」

美馬
「・・・」

美馬は2塁で
沢村を注視している

5番バッターに投げる沢村

観客達
「初球アウトロー」
「良いトコ!」

「ランナー3塁にいるのに
落ち着いてやがるな」

「いやいや、
白龍打線はここから粘るよ」

「2塁には美馬がいる」

「外野に飛んだら2点だ!!」

倉持
(ツーアウトだが
1塁は空いてる
勝負を焦るなよ)

集中している春市

御幸
(大丈夫だ
丁寧に詰めていこう)

沢村投げる

アウトロー

しかしコレを打つバッター

内野ゴロ

さばく春市

1塁に送球してアウト!

ガッツポーズする沢村

沢村
「おーし!おし!」

どよめくスタンド

スタンド
「おお・・」

「し・・・凌ぎ切った」

「白龍が先制ならず!!?」

「二者残塁」

笑顔で沢村を讃える倉持と金丸

沢村
「春市!!」

春市
「栄純君!」

グラブを合わせる二人

沢村&春市
「イエー!」

美馬がベンチに戻る

美馬
「カットボールだな・・・
二塁からだとよく見えたよ
ベース近くで急激に変化した」

白龍監督
(コーナーへの投げ分けに
ピンチでのマウンドさばき・・・

控えの一人だと思っていたが・・・
このピッチャー

まだまだ底が見えないぞーーー)

片岡監督が
青道の選手たちを前に言う

片岡監督
「機動力による守備へのプレッシャー
無駄のないスライディング
この試合で学べることは多い

今度は俺達が
プレッシャーをかける番だな」

青道選手たち
「おお!やってやるって!!」

_______________

1回裏

白龍高校エース
王野新太郎

倉持がバッターに

倉持
(右バッターの胸元を
えぐるシュートに
低めに制球力抜群のスライダー

マウンドでは殆ど
表情を変えないクールなエース

こういうピッチャーが
リズムに乗り出すと
手が付けられねぇんだよな)

モーションに入るピッチャー

投げた!
球は低めのボール気味

倉持
(どうせ来ねえんだろ
甘い球なんて)

打った!

金丸
「初球打ちーー!!」

沢村
「これぞ先制パッチギ打法」

右中間へ飛ぶ打球
1塁を回る倉持

掴んで2塁へ送球する美馬

2塁はセーフ!!

観客
「おお・・・
白龍のお株を奪う
攻めの走塁
あの男も
メチャクチャ速いぞ!!」

白龍の監督が
ストップウォッチで計っている

白龍の監督
「ほう・・」

スタンドに向かって叫ぶ沢村

沢村
「どうですか群馬の皆さん
ウチのチーターも結構やるんです
倉持洋一

どうか名前だけでも
覚えて帰ってください!!」

由井
「え?これ何のアピール?」

将司
「?」

倉持
(この打順も新チームの時以来だからな・・・
先制のチャンス
作ってやったぜ春市・・・)

ベンチで白州に何か
指示を出している監督

記者・峰
(3番だった小湊君を2番に上げ、
好打者の白州君をクリーンナップに・・・

マークの厳しくなる
御幸君の前で得点を上げようとする攻撃的オーダー
春の大会の敗戦を経てもなお・・・

チームの変化を恐れぬか片岡監督)

闘将が狙う、勝つ為の更なる進化!!

 

”ダイヤのA actⅡ 69話へつづく”

 


ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

~ダイヤのA act2 69話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ダイヤのA act2