よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ダイヤのA act2 ネタバレ60話確定【九鬼、加賀美、瀬戸、奥村達の昇格決定!】最新感想予想

   

 

ダイヤのA act260話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます

~ダイヤのA act2 ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ダイヤのA act260話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

 

前回、一年生チームの奮起に、
一軍メンバーであるため試合に出場できないものの
結城と由井も気持ちが昂り、監督に直訴!

出場機会を与えてもらうことになります

そして試合は15-3で上級生チームの勝利

上級生チームも、一年生チームも、
一軍に上がるためのできる限りのアピールを行いましたが・・・!?

まずは3年の三村と川島2年の高津の一軍昇格が決定!
そして

一年生からは
九鬼、加賀美、瀬戸、奥村の4名が
二軍昇格が決定しました!

片岡監督
「やはりまだ身体が出来ていないものが多いな
まずは焦らず土台作りに励んでほしい

それを踏まえたうえで、4名を二軍を合流させる・・・

九鬼、加賀美、瀬戸、奥村

お前たちは二軍の練習に参加し、
練習試合で経験を積んで来い 」

最上
(おかしいこれはなにかの陰謀だ
俺が選ばれないなんて)

下を向いてしまっている浅田

上級生の3人が一軍に昇格ということは
昇格した分、3人弾かれるということですよね
一軍のメンバーもうかうかして入られません!

そして気も球も弱いながらも
良い活躍を見せていた浅田が
昇格ならずだったのも悔しいところでした!
(最上はそれ以前の問題 )

しかし昇格したものの
”早く、早く辿り着かないと・・・!!”と焦る奥村

奥村
(二軍・・・)

 

御幸
”紅白戦で活躍したって?
二軍に合流できて良かったな
試合は楽しいぞ~”

奥村
(時間がない・・
早くしないとあの人が引退してしまう )
image-7

でもそんな御幸は今回の紅白戦を見て
これからの青道の未来に
わくわくしてしている様子でした♪

倉持
「何か、楽しそうだな 」

御幸
「そんなことないよ 」

倉持
「いーや、お前がベラベラしゃべりだしたら怪しい!」
image-4

今回の紅白戦で
昇格できた者、できなかった者、

昇格できたのに焦る者、

希望を胸を踊らせる者、と

様々な想いが交差していました

場面は4月の設定なので

これから夏の甲子園、練習試合で

昇格後のそれぞれの活躍が楽しみですね♪

個人的には瀬戸や九鬼よりも
あの頼りなさげな浅田を見ていたかったので(笑)

昇格無しだった浅田が
これからどういう風に登場するのか?

何かで化けて昇格してくるのか!?を
楽しみにしています♪

 

 

そんなダイヤのA act2 ネタバレ60話は、

以下更新済みです!!!

 

ダイヤのA act2 ネタバレ 60話 最新 確定あらすじ『誰がために』

 

暗くならない室内練習場に充満するのは、熱意ーーー。

 

 

主力選手たちが青道の室内練習場で
バッティング練習をしている

 

御幸の部屋

小野が御幸の部屋に由井と降谷を連れてきた

既に沢村と川上も来ている

御幸塾は日に日に人が増えていく

壁にもたれて立っている奥村に由井が言う

由井
「こんな会が開かれているの知らなかった・・・
最初から話を聞けてたなんて羨ましい」

沢村
「おい、奥村、そんな隅っこにいないでこっちに来いよ
狭いけど良く聞こえるぞ!」

川村が寝転がっている沢村に言う

川上
「自分ちみたいにくつろいでるな・・」

奥村
「・・・ここでいいです
ちゃんと聞こえているので 」

沢村
「地獄耳!!!
やはり狼の血か!!」

奥村
「なんですかそれ・・・」

沢村
「わはは」

御幸
「じゃあ始めるか
今日はランナー1塁でのピッチングについて

向こうのベンチがどういう場面で
ランナーを動かしたいか
カウント別に相手の心理をよむ!」

沢村
「むむ・・・また難題を・・・」

 

御幸
「当然だがボールが先行すれば
向こうの選択肢は増えるし、

カウントを整えたい時ほど
エンドランにも注意したい
まずは1ボールから」

集中して聞いている様子の奥村

 

浅田の部屋

 

自分のベッドに横になり
気の抜けた顔をしている浅田

浅田
(・・・お風呂行かなきゃ・・・
あ、洗濯も・・・)

そこに帰ってくる倉持

倉持
「あれ?
沢村まだ御幸の所にいるのか?」

起き上がる浅田

浅田
「あ・・・はい
だと思います 」

浅田
(危ない、寝落ちするところだった )

浅田
「自主練ですか?」


倉持
「ゾノ達はまだやってるよ
俺は集中力切れたからやめた 」

浅田
「いつも遅くまでやってますね・・・」

着替えのためにシャツを脱ぐ倉持

倉持の見事に割れた腹筋を見る浅田

浅田
(うわっ・・・す・・・すごい腹筋・・
どれだけ鍛えればあんな身体に・・・)

倉持
「いいカーブ投げてたな・・・紅白戦で
これでストレートが速くなれば無敵じゃねーか 」

浅田
「え?見てくれてたんですか?」

倉持
「二軍に入れなくて悔しいだろうが
焦んじゃねーぞ・・・
今はしっかり食事とって身体作れ

これから夏にかけて
練習もハードになるからな 」

 

自動販売機の前

 

九鬼と東条が自動販売機の前の
ベンチで話している

九鬼
「なんで俺二軍に入れたんですかね?」

東条
「嬉しくなかった?」

九鬼
「だって俺2回で8失点をしたんですよ 」

東条
「ピッチャーとしての姿勢・・・
それを貫けてたからじゃないかな?

実際エラーやミスが
からんだ失点も多かったし、
野手も全員硬かったよ

俺なんて去年初回に
12点取られたからね 」

九鬼
「え?マジっすか東条先輩が!?」
東条
「次の回代えられるまで計15失点・・・」

九鬼
「マジっすか!」

東条
「松方シニアが全国ベスト4に
いけたのは先輩達の力があったから

自分の力をそこまで過信したことないし
むしろマウンドに立たされているぐらいの
気持ちだった

でも・・・
周りは結果や成績しか見てくれない

いつだって全国ベスト4の
ピッチングを期待してくる・・・」

九鬼
(東条先輩・・・)

東条
「今にして思えば肩書に
縛られてたのは自分の方だったのかもしれない・・・」

東条
「自分に出来ること以上のピッチングをしようとして
結果崩れ、自分自身を見失ってしまったんだ・・・

そんな俺と比べたら
今日の洋平はピッチャーとして立派だったよ

そういう気持ちの部分を
監督は見ていてくれたんじゃないのかな

自分が頑張っても、頑張っていなくても、
他の誰かが試合に出て活躍するだけ

青道はそういうところだよ

どっちが先に一軍のマウンドに立つか・・・

勝負だな・・洋平 」

九鬼
「え?」

笑顔で言う東条

東条
「オレはまだピッチャー諦めてないから・・・」

その言葉を聞いて笑顔になる九鬼

________________________________

 

皆、御幸塾が終わり、帰っていく

帰り際、降谷が御幸に言う

降谷
「御幸センパイ
明日練習に付き合って下さい 」

沢村
「ちょっと待て
明日はオレがブルペンで
受けてもらうんだからな!」

いつものバトルが始まる沢村と降谷

御幸
「俺これからバット振りてーんだわ
お前らも来るか?
たまにはオレに付き合えよ」

3人は土手を登っていく

御幸
「お前ら今日の話理解できたか?」

降谷
「大筋では・・・」

沢村
「ニュアンスは伝わりましたよ、
ニュアンスは!!」

御幸
「あ、そう・・(汗
ま・・・まあ実戦練習での
経験に勝るものはないけどな 」

沢村
「やはり体に染み込ませないとね!!」

御幸
「お前らこれから練習の時は
俺以外のキャッチャーと組め
できれば1年がいい」

降谷と沢村は驚く

降谷&沢村
「は?」

御幸
「頭で理解してなきゃ相手に
伝えることもできないからな
ミーティングの確認作業にもなるし
自分たちで試行錯誤した方が身につきやすい」

沢村
「いや・・・
言ってることはわかるけど・・・
なぁ?」

降谷
「それって職場放棄では・・・」

沢村
「それだ!!」

御幸
「後輩を引っ張る自信がないなら
無理にとは言わねーけど?
由井にしろ奥村にしろ、
今年の1年は野球に詳しいからな」

沢村
「いやいやいや
だてに俺達青道で1年間
揉まれてきてませんから」

降谷
「僕たちを甘く見過ぎです」

御幸
「はっはっはっ、じゃあやれ!!
プレー一つ一つの理解を深め、その一球の意味を知る
俺が求めているのはそういうことだぜ 」

沢村
「いや・・でも・・・」

沢村
(俺はあんたに・・・)

御幸
「それとは別に投げたくなったら俺に言え
できる限り付き合ってやるから 」

降谷&沢村は
嬉しそうに驚く

御幸
「順番はそっちで決めろよ
お前らの投げ過ぎを防ぐ目的もあるんだからな」

 


ダイヤのA ネタバレ一覧はこちら

〜ダイヤのA act2 61話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ダイヤのA act2