よんぜ!

よんぜネット~漫画のあらすじ感想展開予想考察サイト~

強さなどのランキング一覧はこちら

ちはやふる179話ネタバレ確定【詩暢の呪いを解いたモノは】最新感想予想

   

ちはやふる179話の確定ネタバレ予想と最新あらすじ情報を随時配信していきます。

~ちはやふる ネタバレ 画バレ 最新話 考察 あらすじ 無料~

最新ちはやふる179話確定ネタバレ情報を感想予想の後に追記しました!

ちはやふるネタバレ一覧はこちら

 

前回、商業的なかるたクイーンとして振る舞ううちに

スランプに陥り、札の声すら

聞こえなくなってしまった詩暢でしたが・・・!?

幼い頃の自分のような子に出会い、

なんと周防にまで頼り、

ようやく本来の詩暢を取り戻すことができました♪

小学生の女の子
「クイーンうちとかるた取って
強い人と試合がしたい
どんだけ強いか知りたい」

女の子は目をランランと
輝かせている

かるたの札
”この子
小ちゃいころの
あんたみたいやなぁ”

その時、詩暢に札が話しかけてくる

詩暢
(あのころの自分の前に
いまの自分がもし現れたら)

詩暢は女の子に
昔の自分を重ね合わせる
詩暢の目からは涙が滲む

詩暢
(会いたかった会いたかった
ひとりでさびしかった
どこへ向かっていいかわからへんかった

まだまだ先にきれいな山があると
見せてくれる人がおったら)

このシーンは本当に感動モノ・・・(涙)

いつの間にか目指していた場所から

少しズレちゃってた・・・ってこと、ありますよね?(笑)

まさにそんな回でした。

しかし頼って電話をしてきた詩暢の元に走る周防が

かっこ可愛いかったです♡

そこには息を切らしている
周防が立っていた

周防
「・・・えっと・・・あの
電話した?何かあった?」

や、さ、し、いーー(笑)♡

そんな周防に対して

逆に男らしい詩暢なんですけどね♪

周防の手をガッと掴んで

連れていくっていう・・・(笑)

そして振り回される周防名人・・・。(笑)

詩暢
「これから名人とかるた取るわ
勝ったら・・・」

周防
「え」

詩暢
「認めてや!うちこそ最強やって!!」

しかしそれを小学生に押しのけられる名人・・・(笑)

そして周防より小学生との対戦を選ばれ

帰っていく名人・・・

名人・・・名人の威厳が・・・(苦笑)

しかしそっと帰る電車の中で

周防が千早に言葉をかけるシーンが

力強くて、優しくて・・・

最高でした(涙)

周防
「詩暢ちゃんと不尽の高嶺で

待ってるよ」

札の声もまた聞こえだし、

初心も取り戻し、これからの詩暢の力が逆に千早にとっては

脅威になってくるのかもしれませんが

今回は、今回はこれで良かったですね♪

この周防の電話で千早もまた新たに気合が入りそうですし、

千早たちはずっと休む間もなく戦い続けるんですね・・・。

目指す場所はそれぞれ少し違うのかもしれないけれど

少しでも自分の中の星に近づけることができるように。

頑張ってほしいなあと思います♪

そんなちはやふる179話ネタバレは、

以下更新済みです!!!

 

ちはやふる ネタバレ 179話 最新 確定あらすじ

BE LOVE 2017年7号 掲載

”10月上旬”〜二者面談〜

二者面談中の担任 ”深海太一(46)”と太一

先生
「えーー
夏休みまえに言った
勉強時間の確保はできてるか?
平日6時間
休日13時間」

太一
「・・・はい」

先生
「ウソつけ
ウソじゃなかったら問題だ
模試の結果少し下がってた」

淡々と答える太一

太一
「そうですね
すみません」

先生
「統計的にいうと
この下がり方はよくない

ここ5年の理系の生徒の成績の推移
落ちた子だけの統計がこれで

真島の下げ方はここに
当てはまってしまう

室の高い勉強をしていれば
時間数が多少足りなくてもいい?

器用さに頼らず
数字を見ろ

しかし

まだ大丈夫!
真島と私はお揃いの
”太一”だからな!」

_______________

二者面談を終え、歩く太一

太一
(静電気体質・・・)

そこに周防の姿を見つける太一
そこに車のクラクションが
大きな音で鳴り響く

歩いている人たちの中で
周防と太一だけが耳を塞ぐ


そして二人はシンクロし
一緒に歩き出す

”太一〜家〜”

太一の母が家事をしている
太一はその物音を気にする

そんな母を見つめる太一


「なに?
朝食できてるわよ
由香の部活が朝早くて大変
休みの日もお弁当ですって

太一は?」


「模試の結果なんなの?
今の時期に下げてどうするの?

一日にやる科目の配分が
適当なんじゃないの?

ねえ

得点源の国語と英語が伸びてなくて
どうすんの
わかってる?」

家事をしつつ話し続ける母を
太一はじっと見て言う

太一
「母さんてさ」


「は?」

太一
「うるさいけどさ」


「は?(怒」

太一
「所作はきれいで
うるさくないよね」

太一
「自習室行ってきます」

太一は部屋を出て行く

______________

太一
(解像度が上がる
音の解像度
目の解像度)

”一方千早は・・・”

机の上で目を覚ます千早

千早
「ハッ!朝5時に起きて・・・
えっと・・・
ハッ!?8時!?

ギャー!遅刻ーーーー!!
いってきまーす!!!!」

心配そうに見送る千早母

千早母
「ああもう・・・」

千早姉
「だっ、大丈夫なの?
あの子かるたもやって
同じ時間勉強して・・・」

千早姉
「ていうか本当にやってんの?」

千早母
「やってるのよ・・・
根性だけはあるから・・・

『全力』『全力』っていうけど
だれかが全力出してるの
お母さん、初めて見てる気がするわ」

太一
(体の解像度
かるたの解像度)

”10月中旬〜かるた記念大塚会館にて
名人・クイーン戦東日本予選〜”


__________________

出場者達
「今日、出場何人?」

「読手さんだれなんだっけ?」

「五十嵐さんじゃないの?
あそこで見かけ・・・
あっ!ちがう
今日は五十嵐さん出場者だっ!」

「読まないの!?
出るの!?」

______________

出場者達
「廣田さんと小峰さんだってー」

「山城さんじゃないんだあ」

「山城今日子さんは
西日本予選で読むって」

理音
「・・・ハッ!・・・ない
ない!弁当忘れた・・・!?」

「なにやってんだ理音
コンビニでかってきてやろーか?」


千早
「山ちゃん大変
私のお弁当わけてあげるよ!」

しかし千早が取り出したのは・・・




その時、扉が開き・・・
現れたのは猪熊さん

桜沢先生
「猪熊さん!?
まさか出るの?
産後3ヶ月で」

猪熊さん
「ごめんねー
いまちょっと授乳してて」

桜沢先生
「授乳してるの?
いま?
最近の抱っこ紐
そういういふうにできてるの?」

猪熊さん
「体調も戻ったし
挑戦できる気がしちゃって!」

一同
「えーーーっ」

猪熊さん
「なんてウソよウソ!
さすがにいまの練習量じゃ
若宮さんに勝てないわー

今日は応援にねー」

赤(翠)ちゃん
「ぷぁ」

赤ちゃんを見つめる桜沢先生

桜沢先生
「あなたが翠ちゃん・・・
あなたが去年のクイーン戦のときも
お腹にいたのねえ

高校選手権の日に
生まれてきたのねえ
すごいわねえ」

翠ちゃんを
愛おしそうに
抱きかかえる桜沢先生

千早達もほぅっとなる

しかし次の瞬間
田丸を見つける千早

千早
「あっ田丸さん!出るの!?
田丸さんも!」

嬉しさのあまり抱きつく千早
田丸はビクッとする

千早
「うれしいっ

この機会に翠ちゃんって
呼んじゃおうかなぁ」

千早のハグに必死で
抵抗する田丸

田丸
「やめてください
ややこしい
それに私まだ埼玉咲良会ですから!
先輩とは敵同士!

すぐ当たっても
おかしくないです!」

田丸が瑞沢かるた部として
出てないと分かり
ショックを受ける千早

千早
「そっか・・・
瑞沢じゃないんだ・・・
そっかぁ・・・」

田丸
「私こっちのトレーナーのほうが
調子がいいっていうか〜〜〜」

そして次に肉まんくんの姿を
見つける千早

千早
「肉まんくんも来てたの!?
出るのっ!?」

しかし、肉まんの着ている
Tシャツは翠北のもの

千早
「こ・・・これは・・・」

肉まん
「翠北会の新キャラ
カワセミのスイッピだ
新作だ」

千早
「スイッピ・・・」

肉まん
「これで団結力アップ!!」

肉まん
「おれはまあ準備不足は否めねーから
本気じゃねーけど

女子はユーミンのほう
応援すっからな
じゃーな」

この日模試の
机くんとかなちゃんの姿が
浮かぶ千早

_____________

かなちゃん
”私たちも予選の日は模試で・・・”


”悪いな綾瀬”

_____________

千早は周りに誰も仲間が
いないことに孤独を感じ始める

その時、千早は目線の先に
太一を見つける

千早
「あ、太一!太一・・・!」

___________________

しかしそこで試合開始の掛け声が入る

「一回戦の組み合わせ見て
着席してくださーい
女子のほうは2階ですーす!」

千早の声は届かない
千早はあの時のお土産に書かれた
太一のメッセージを思い出す

太一
”次は試合で”

千早
(ここだ今日だ)

千早
(私たちの約束の試合)

__________________

係りの人に声をかけられる千早

係りの人
「クイーン戦は2階ですよー」

千早
「あ。行かなきゃ
いっ、たっ!

?」

痛みの元を見つめると
足の指の常が欠けているのが見つかる

千早
(あちゃーー
爪が欠けてる
朝ぶつかったとき?

爪伸びてるのに
切ってなかったからだよーー
もうーー

準備不足・・・)

と、瞬間千早は
ゾワッとする感覚に襲われる
千早
(た、たいしたことないよ
痛くないし

とりあえず絆創膏
あっ、持ってきてない)

千早の頭に
”準備不足”の文字が浮かぶ

ぞっとする千早

係りの人
「早く2階ならんでくださーい」

千早
「あっ・・・
1回戦」


相手は西高の2年、速水さん
ビシッと正座をしている速水

千早
(武士!?
かなちゃんが当たって・・・
すっごいいろいろ言ってくれてた・・・

なのに

”初動が大好きな人です(byかな”)

そこしか覚えてない!!)

向き合う速水と千早

千早
(準備・・・してきたよ?
してきた?準備・・・)

速水は真っ直ぐ前を
見据えている

千早
(クイーン戦につながる
たった一つの道
1回戦

私は本当に準備してきた?

もう始まる!!)

”太一サイド”

田丸
(明地大学4年
田丸剛

大きなタイトルはとってないが
中くらいのタイトルは
山ほど取ってきた

今回こそおれが主役だ)

田丸
(かるたはいい
背が低くてもデブでも
ハンデにはならないし

勝てば尊敬される
うちの親父も

”結婚できたのは
かるたのおかげ♡”って言ってた

すばらしい!)

そこに田丸の対戦相手、
太一がやってくる

田丸
「・・・」

田丸
(わかってるずるいよな
いいよな
なにもしなくても
主役の空気を持ってるやつ)

田丸
(ドラマチックななにかを
持ってるやつ)


田丸
(なんかいいにおいするし(チッ・・・)

そこで田丸は太一に嫌味を言い始める

田丸
「あれ?君ってーー
登録白波会で出てんの?

白波会じゃなくて
もう東大かるた会の一員
なんじゃないかって
だれか言ってたよ

どうなの?

君の先生はもうーー
周防さんなんじゃないの?」

太一は田丸の言葉に
耳を貸さず
かるたを切り出す

その時田丸の手に
太一の手がそっと触れる

さっきまでの田丸の嫌味が
なかったかのように
おだやかに笑顔で謝る太一

太一
「すみません
失礼いたしました」

調子の狂う田丸

改めて呼吸を整え
対戦に向かい
微笑みあう田丸と太一

_______________

太一
(いつもプレッシャーを
感じることはあっても
大会が楽しみだったことなんてない)

”対戦スタート”

 

最初の札

太一のモーションにつられて
田丸はお手つきをしてしまう

田丸
「あっ・・・空札」

田丸
(お手つき!
なにやってんだ序盤から
自爆なんてダセエ)

呼吸を整える二人

しかし田丸は次の札も
また同じように
お手つきしてしまう

田丸
(えっ・・・また

つられた・・・?
このやり方・・・)

焦る田丸

一方、太一はたんたんと
次の札に備える

太一
(勝たなきゃいけない
みんなのために

買ったら嬉しいけど
それは
”楽しい”じゃない

・・・今日は
勝ちにきたんじゃないから)

楽しいな

今日はここにいるみんなを
翻弄しにきたから)

田丸は脂汗を浮かべながら
再度太一の顔を見つめる

田丸
(ドラマチック
主役?
ちがうだろ

こいつ主役じゃなくて)

その時、不敵な笑みを浮かべる太一

田丸
(そう、悪役ーーー)

 

 

”BELOBE 8号に続く”

 

 


ちはやふるネタバレ一覧はこちら

~ちはやふる180話ネタバレ確定画バレ感想予想に続く~

 

 - ちはやふる